どっちが効果があるんだ!マカ vs クラチャイダム

最近、マカやクラチャイダムがサプリ市場で多く聞くようになってから結構経ちますがマカとクラチャイダムは精力剤サプリとしてはどちらに効果が期待できるのでしょうか。

今回は含有成分をもとに比べてみたいと思います。

マカに含まれる主要成分

マカの効果ポイント

マカには必須アミノ酸であるリジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)、トリプトファン、ヒスチジンが含有されています。

マカは9種類の必須アミノ酸のうち9種類全部が含まれているスーパーフードです。

必須アミノ酸は体内で合成が十分には出来ないので外部から摂取する必要のある大切なアミノ酸です。

また、マカにはアミノ酸成分で精力剤サプリには欠かせないアルギニンも100gあたり610mg含有されている点も精力剤サプリとしては頼もしい素材です。

そして、マカにはセックスミネラルと称される亜鉛も含有されているので男性ホルモン分泌促進に期待ができます。

亜鉛は味覚などに重要な役割をしていますが、男性らしさを作り出すのに必要な男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌促進をさせる作用があり、精力にとって重要な成分です。

クラチャイダムに含まれる主要成分

クラチャイダムの効果ポイント

クラチャイダムには必須アミノ酸のBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)、トレオニン、フェニルアラニン、メチオニン、リジンの7種類の必須アミノ酸が含有されています。

これだけを見るとマカと同程度の必須アミノ酸が含有されているだけに見えます。

また、マカ同様にアルギニンも含有されていますが含有量がマカの2倍以上あります。

マカ・クラチャイダム比較表

必須アミノ酸でスタミナ維持などにも効果が期待できるBCAAについてもマカより含有量が多くクラチャイダムが精力剤サプリとして人気が高い素材であることが頷けます。

また、クラチャイダムにはポリフェノールが含有されていますので、アンチエイジングなどで言われる抗酸化作用、血流改善効果が期待できる成分が含有されています。

ただし、亜鉛に関してはほとんど含有量がないか、極端に少ないために調べた範囲では亜鉛の効果は見込めないと判断しています。

亜鉛が含有されていないからクラチャイダムは止めようかなと思われた方はもう少しお待ち下さい。

クラチャイダムのPDE5抑制作用

クラチャイダムにはこのPDE5を抑制する効果がオリザ油化株式会社(本社:愛知県一宮市)の実験結果によって作用が認められています。

と言われてもピンとこない方が多いとは思いますので簡単に概要だけ。

PDE5は勃起を萎えさせる酵素で、本来は射精後に作用が発揮されるのですがEDなどの場合には本来勃起する時に必要なcGMPという酵素の分泌量が低下してもPDE5は構わず分泌されるので、フニャとなって勃起しなくなってしまう訳です。

cGMPとPDE5のイメージ

そこでED治療薬などで有名なバイアグラやシリアスは、この萎えさせるPDE5を抑制、阻害することで勃起を持続させようとする医薬品なんです。

クラチャイダムにはPDE5を抑制する作用が継続摂取することで実験結果で分かっているので期待もできます。

マカとクラチャイダムで精力剤向きはどっち?

マカとクラチャイダムの成分を比べると、クラチャイダムのほうがアルギニンの含有量が多く勃起力に大きく関わる一酸化窒素(NO)産生促進効果効果が期待できる成分量になっています。

一方でマカには亜鉛などの男性ホルモン テストステロン分泌に期待ができる成分が含有されていますので、良質な精子を産生したい方やホルモンバランスを整えたい方にはマカの継続摂取がオススメです。

足りない分は補えます

クラチャイダムの場合であれば亜鉛を別に摂取すれば事足ります。

精力剤サプリにはクラチャイダムに他の有効成分を配合されて販売されている商品が数多くありますので、そのような精力剤サプリを飲んで頂ければいいとこ取りが可能です。

マカの場合でもシトルリンを配合してアルギニンの含有量を増加させたりして精力剤サプリとして販売されている商品が多くあります。

また、ランペップにはマカと亜鉛が配合されていますのでオススメです。

マカだけ、クラチャイダムだけのサプリももちろん良いと思いますが、いいとこ取りの精力剤サプリも多くありますのでご検討ください。