精力剤で人気成分のマカとアルギニンの特徴について

マカ画像

マカ画像

年齢を重ねる度に低下してしまう事例の他に、たとえ若くても強い疲労を感じている時に低下してしまうのが精力であり、体力低下により踏ん張る事ができなくなる上、男性としての自信喪失にも繋がってしまいます。

そのような精力の低下を迅速かつ効果的に改善させられるのが精力剤であり、現在では世界中で開発販売されている精力剤が買い求められますが、数ある製品において共通しているのが有効成分にマカとアルギニンが含有されていることが多いことです。

どちらも要となる有効成分なので高い認知度を有していますが、認知度が高いのは成分の特性上男性のみならず、女性の人体においても優れた効能をもたらすためです。

男性の場合は精力剤を製造する際の原材料の1つに用いられる事の他に、女性に向けては不妊治療に用いられるマカの原産地は南米に位置しているペルーです。

ペルーでは古くからアブラナ科に属している多年生植物としてマカが認知されていた上に、古来から既に精力剤という用途で人々が使用していたという歴史が残されています。

全体の中で主に使用するのは根の部分であり、根の部分を薬用ハーブとして使用するのですが、使用すると速やかに血管が広がり従来よりも血流が良好になるのと同時に血液量も増加するので、精力を高める効果の他に女性の不妊治療や冷え性にも効果的であるとされる理由です。

そして、現在では若年層が精力剤としてエナジードリンクを手に取る事例が増えてきていますが、エナジードリンクにはアルギニンという成分が豊富に含有されているという特徴があります。

実はアルギニンという成分はマカの中に含まれている成分の事であり、アルギニンの作用により従来よりも血管を拡張させられるようになるので、血流改善の恩恵に授かれるようになります。

その他にも人体において必要性が高い16種類ものアミノ酸が含有されている事に加えタンパク質や亜鉛、カルシウムや鉄分の含有量も多いので必要な栄養がバランス良く得られる優れた食品です。

つまり、より良い変化を得るためにはアルギニンが含まれているという条件の重要性が高くなるため、今日日本国内で販売されている製品の多くの原材料にマカが採用されているという理由になります。

男性イメージ

さらにアルギニンには男性の体内にて発生する一酸化窒素を生み出す工程を力強くサポートさせられるという働きも有しており、生み出された一酸化窒素は血管を広げられるため、デリケートな部位に位置している海綿体に流入する血液量が増加します。

そのため、機能が回復したり元来よりも機能が高まるという恩恵に授かれるようになるのですが、摂取を継続していくと

機能の回復と向上の他にアンチエイジング効果がもたらされ、機能面に限らず外見上も若々しくなるという魅力があります。

精力剤に使用されている有効成分として高く認知されているものの、女性にも支持を受けているのは不妊治療や冷え性の改善に合わせてアンチエイジング効果が得られるという一面も関係しており、特に長年にわたり蓄積し続けてしまっている頑固な脂肪分を分解させる効果は高いです。

しかも、成分自体の栄養素が高い事も相まって著しく高いダイエット効果が得られるのにも関わらず不健康な痩せ方はせず、身体に負担が生じない健康的な痩せ方が実現できます。

加えて、女性は年齢を重ねていくと40代に突入した頃から心身の調子が常日頃悪くなる更年期障害に見舞われる可能性が高いですが、マカには乱れてしまっている自律神経を整え健やかにする効能があるので、常時交感神経が過敏になり焦燥感に駆られてしまう更年期障害特有の症状を解消可能です。

現在はサプリメントやドリンク、粉末タイプなど製品のタイプも様々なので男女ともに取り入れやすいタイプを選定し、用いると健やかな生活をサポートして頂けます。