精力剤サプリの比較は目的と成分量で決めるべし!

精力剤サプリは成分量が大事日頃、精力剤サプリを何気に服用していて、何がどう効果が期待できるのかは気にされてない方が大半ではないでしょうか。
そうなると、元気成分の配合量より価格やブランドでドラッグストアなので購入されている方が多いのではないでしょうか。

元気成分の配合量が多い精力剤はドラッグストアでは取り扱ってない通販が主流です。

通販の精力剤は、精力剤業界では有名でも一般には、あまり聞き慣れないメーカーが販売している事が多いのでどうしても「大丈夫?」「怪しい」と感じる方もお見えになることでしょうが、「安心安全基準」が明示されている商品であれば安心して続けられるので後で見分け方をご紹介します。

元気成分の配合量表示は比較する指標

本サイトの元気成分とは、血行促進や新陳代謝促進、ホルモンバランス、成長ホルモン分泌、疲労回復などが期待できる成分や素材のことをいいます。

成分例

  • アルギニン
  • シトルリン
  • オルニチン
  • 各種アミノ酸

素材例

  • マカ
  • クラチャイダム
  • ランペップ
  • オキソアミヂン
  • トンカットアリ

上記の成分例の一部成分などは少量の配合量であればドラッグストアなどでも入手は可能ですが、精力剤サプリに必要な配合量となると金額も高くなりますので通販が主流となります。
分類は違いますが、大手有名メーカや製薬会社の青汁や健康サプリでもコンビニやドラッグストアには取り扱いがない商品が多くあります。

成分例にある「アルギニン」や「シトルリン」などは精力剤でも配合されている割合が多い成分です。
アルギニンは成長ホルモン分泌作用があり、血行促進など精力剤に必要な元気成分が十分に期待ができるアミノ酸の一種です。
シトルリンは経口摂取すると大部分が腎臓でアルギニンに変換され、効率よく全身にアルギニンが供給されます。
アルギニン配合の精力剤にはシトルリンもセットされている精力剤が多くあるのは、アルギニンとシトルリンを組み合わせて摂取することによって、それぞれ単独摂取するよりも効果が期待できるからです。

精力剤サプリの中には残念ながら、アルギニンやシトルリンが配合されていると記載されていても、どのくらい配合されているかが全く明記されていない精力剤もあります。

明記がないと多く配合されているのか少量配合なのか分からないために、ドラッグストアの健康サプリの方が金額からすれば軍配が上がるケースもあることでしょう。

精力剤として服用するのであれば、しっかりと数値でアルギニン〇〇mg配合、シトルリン〇〇mg配合と各元気成分の配合量が明記してある精力剤サプリを比較して購入することをお勧めします。

通販の精力剤サプリに即効性が無い訳

多くの精力剤サプリとして通販などで販売されているサプリは健康食品・サプリに分類されています。
医薬品であるED薬のバイアグラやレビトラ、シアリスなどと違い即効性のある精力剤は無いですが、各メーカーや製薬会社の研究による発見や発明により、継続して服用することによって精力増進やED改善効果が期待できる精力剤サプリが多く発売されています。
また、医薬品ではない精力サプリは副作用も殆ど気にすることなく服用が可能ですので、継続して服用するのには安心です。
ただし、食物アレルギーがある方は使用されている「素材」に注意して頂いたほうがいいと思います。

安心して継続するための見分け方

精力剤サプリは服用するものですから、安心して摂取できなければなりません。
サプリメーカーも安心して服用してもらうために、安心安全対策を実施していることを公式サイトで明記していますので確認して購入すれば安心です。

「GMP認定工場で製造」と記載されていたら

厚生労働省が2005年2月1日付で、錠剤やカプセル状の形状をとる健康食品の品質と安全性の確保のための考え方として健康食品GMPガイドラインを発表し、健康食品業界が自らの努力でこの問題に取り組むように指導しています。
第三者機関がGMPが求める規則と規格をクリアしているかを監査結果に従って審査をして、審査基準に合格した企業に認定証を発行しています。
このGMP認定工場で製造された精力剤サプリであれば一定の品質を確保していると言えるでしょう。

「HACCP(ハサップ)」と記載されていたら

食品の製造・加工工程で発生する恐れのある危害を分析し、どのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという重要管理点を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生管理の手法です。

「有機JAS認定」と記載されていたら

農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表します。
有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定期間が検査し、その結果認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。

まとめ

精力剤サプリを比較するのに「成分」や「素材」が重要ですが、「成分の配合量」が明示されていなければ、精力剤として期待ができるのかも比較ができません。
成分の合計含有量(複数の元気成分の総合計)が〇〇◯mgと書かれていても特定成分の配合量が不明のままでは、決め手に欠けて当然です。
また、常時服用する精力剤サプリですから安全な管理下で製造された製品でなければ、せっかく活力がみなぎるように飲みたい精力剤サプリも健康被害などが不安で続けるのに抵抗を感じて当然です。
金額が高い精力剤サプリがよい精力剤サプリではなく、継続して服用する人の立場に立って、成分配合量や製造方法、検査方法、結果を明示している精力剤サプリを比較して選ぶことが継続のポイントです。